お問い合わせ

権原保険の歴史

住宅購入は購入者にとって人生の中で最大の投資かもしれません。また、大規模な投資会社にとっては通常の商業取引となりえます。どちらにせよ、この取引における不可欠な要素とは、リスクを見極め、保障することです。このどちらも権原保険に加入することによって実行することができます。

歴史的な問題

権原保険制度ができる前は、アメリカ合衆国で不動産を購入することははるかに危険を伴う冒険的事業でした。住宅売買取引の間は、公共の記録調査や他の住宅に関する法的抄録文書をもとにして、不動産譲渡取扱人がその住宅における権原を成立させました。住宅を新しい購入者に譲渡する前、またはローンを貸す前に、権原からはあらゆる先取特権や権利、その他の財産上の負担が全て取り除かれていなければなりません。しかし資料が限られていて、保険などの後ろ盾が何もない中では、未解決の問題により住宅を失うリスクはまだ存在していました。さらに、もし未解決の問題が何か問題を引き起こした場合、被害者である借主または貸主が不動産譲渡取扱人から損害賠償金をもらうために法的過失を立証しなければなりませんでしたが、それはとても困難なことでした。

ワトソン対ミューアヘッド

現在は全米で(同様に世界の他の地域でも)土地購入が保障されていますが、権原の保障が実施され始めたのは1868年のペンシルベニア最高裁判所判決の後でした。この事件(ワトソン対ミューアヘッド、または57 Pa. 161)は、権原の抄録や権原記録調査が行われた後に購入された土地の所有権をめぐる問題に決着をつけました。調査中に取引きの不動産譲渡取扱人が権原の先取特権を見つけ、法的な意見を求めるため弁護士に引き渡しました。弁護士は、それは有効な先取特権ではないと助言しました。この確証のもとで、不動産譲渡取扱人と購入者は取引きを終了しました。

しかしまもなく、この土地は先取特権を皆済するために郡保安官による販売によって売り払われることになりましたが、この方法は事実合法でした。

裁判所は、先取特権そして郡保安官による販売は事実合法であると裁決しました。また、判決基準が「過失」、または慎重に行動しなかったことによる怠慢だったため、取引きに関わった不動産譲渡取扱人は責任を負うことはない、という判決が下されました。不動産譲渡取扱人は先取特権は無効だという弁護士の意見を信じていたので、彼は間違っていたにも関わらず慎重に行動したと主張したのです。

初の権原保険会社

この判決、そしてその結果起きた購入者の損害により、罪のない不動産購入者を守る方法を確立するため、フィラデルフィアの不動産譲渡取扱人の集団が結成されました。1876年には、この集団は初の権原保険会社を設立し、その会社の使命とは「不動産購入者またはローン借主を問題のある権原、先取特権、債務など」から守ること、それに加えて、「このような機関を利用することによって、不動産と不動産証券が従来よりより速く、より安全な方法で行われるようにする」ことでした。

それからまもなくして権原保険会社は、ニューヨークやシカゴ、ミネアポリス、サンフランシスコ、ロサンゼルスなどの全米中の大都市で次々と設立されました。

ファーストアメリカンの誕生

アメリカ合衆国で権原保険が誕生してから20年後の1889年にオレンジカウンティー権原会社、ファーストアメリカン権原会社の前身が設立されました。

印刷する フォントサイズ A A A

CostsFirst™

ほとんどのタイプの売買取引の決済費用を計算できるオンラインツールです。6つの言語(スペイン語、中国語、韓国語、ベトナム語、日本語、英語)で見積書をメール、印刷、保存することができます。
今すぐサインアップ!

Comprehensive
Calculator

総合計算機: 権原保険料、裏書手数料、登記費用、譲渡税などの決済に関する費用の見積もりを出すためのオンラインリソースです。
計算機を起動する。

Email This Page

Please Contact Me